【PhotoShop】光のエフェクト作成 フラッシュライト

スポンサーリンク




PhotoShopで作る光の放射エフェクトのチュートリアルです。
「波形」と「極座標」で作る定番のエフェクトですが、応用が利きますし、色んな場面で使うことが出来るエフェクトでもあるので覚えておくと良いです。

1.ベース作成。

なにはともあれまずは新規ファイルを作成しましょう。

1-1 新規作成

CTRL+Nで新規作成を開きます。今回は以下のような設定で縦横500pxで作成します。カンバスカラーは白です。


このように設定してOKします。

1-2 グラデーション作成

ツールボックスからグラデーションツールを選択しましょう。
背景レイヤーに対して上から下に掛けて、黒→白になるようにグラデーションを掛けます。

この時黒の領域を多くすると光のエフェクト部分が増えます。少し黒が多めの方が綺麗なエフェクトが作れると思います。

上手い事、背景レイヤーにグラデーションを掛けることが出来たら、上部メニューバーから[フィルター]→[変形]→[波形]を選択します。

 すぐ近くに似たようなやつで波紋がありますので間違いに気を付けて下さい。

2.波形フィルタでの変形

波形メニューの設定です。
波形の種類は矩形波に設定します。
波数、波長、、振幅、比率などは今回このように設定しました。

それぞれのパラメーターに関しては、スライダーを調整してみるとなんとく、
どういったところに影響するかは理解できると思います。

設定が出来たら、OKを押すと先ほどのグラデーションがジグザグな形に変形します。

金木
設定次第では色々と作れそうな機能ですね!覚えておくと応用が利くと思います。

3.極座標フィルタでの変形

続いて、先ほどの波形で作ったデータをさらに、フィルターを掛けていきます。
「フィルタ」メニューから「変形」→[極座標…]を実行します。

 

4.エフェクトにカラーを着色

ここまで出来たらエフェクトに色を付けて行きましょう。
まず背景レイヤーを選択して、CTRL+Iで色を反転させます。


これで白と黒が反転して、見た目には白いフラッシュライトが出来ました。
続いて、背景レイヤーの上に新規レイヤーを作成して塗りつぶしツールで適当なカラーで塗りつぶしましょう。

塗りつぶしたレイヤーのレイヤーモードを変更することで、グレーの領域に色が乗ります。
今回は”オーバーレイ”で色を乗せてます。

レイヤーモードの設定次第で色の乗り方が変わるので、自分のイメージに近いモードを選択しましょう。

5.エフェクトのアレンジ

あとはレイヤー効果を消した状態のエフェクトを複製して上に重ねたり、上のレイヤーのモードを変更したりするだけで表情がどんどんと変化します。

5-1 強いフラッシュライト

さらに一番上にエフェクトのレイヤーを複製してオーバーレイで載せました。光の調子が強くなりましたね。

5-2 中抜きのエフェクト

 

こちらは複製したエフェクトレイヤーを「差の絶対値」で載せてます。こうすることで中央が暗くなるので、ゲームとかだったらHITエフェクトとかで使えそうですね。
あと少し手を加えるならトーンカーブなどで紫のカラーを明るくしてあげたりすると良いかもしれません。

5-3 レインボーカラー

こちらは複製したエフェクトの背景レイヤーを「覆い焼き」にして、その上にレインボーのグラデーションを「色相」で乗せてます。だいぶ派手な印象となりました。

これ以外でも、波形と極座標はアレンジ次第で色々なエフェクトが出来ますので色々と試してみてください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です