keyshot for zbrushを導入!どんなソフトかサックリ解説

スポンサーリンク




つい先日ですが、自宅のPCに有料にはなるのですがkeyshot for zbrushというレンダリングツールを導入しました。導入の経緯としてはZbrushで作成したモデルを今まではスクリーンショットで撮って保存していたんですが、ちゃんと1つの作品として完成させたい!という気持ちで思い切って導入した運びです。
とりあえず、ルンルンな私ですがそもそもなんじゃいそれは!っていう方もいらっしゃるかと思うので今回はkeyshot for zbrushを紹介させていただきたいと思います。

注意
今回、私が導入したのはZbrushからのみ使えるバージョンになります。 Zbrushからのインポートのみの機能制限版となります。ご注意ください。

■keyshot for zbrushとは

keyshotというのは一言でいうと綺麗な絵を作ってくれるレンダリングソフトです。
なかなか技術的なところを私の言葉で伝えるのは難しいので、keyshotのサイト様より文章を引用させていただきます。

KeyShotは、設計者やデザイナーの感性を刺激し、
想像力と設計力を加速させるためのリアルタイム・フォトレンダリング&アニメーションツールです。
レンダリングエンジンにはフォトンマッピングと呼ばれる光線光学シミュレーションをベースとしたレンダリング技術が採用され、
究極のフォトリアルイメージを短時間で生成します。直観的なグラフィック・ユーザー・インタフェースによって、専門的なCG知識や特別なハードウェア、
トレーニングを必要とせず、誰でも簡単に写真品質のレンダリング画像やアニメーションを作成することが可能です。
出展:keyshotサイト

という具合に簡単!綺麗!なレンダリングが売りのレンダリングソフトです。ちなみにどんな絵が出来るかというと・・・
こんな具合です!

すごい!超すごい!
こちらはkeyshot公式のギャラリーから見ることが出来ますので、見てみると刺激になります。

Zbrush-keyshot Artist Gallely

いきなりこんなのはきっと難しいのでしょうが、何がどのように簡単で良いツールなのかそこが大事なところかと思うのでそちらに関して少しお話しさせて頂こうと思います。

■keysho for zbrushのすごいところ

1、ワンボタン転送

まず連携機能が凄いです!Zbrushからボタンを押すだけで自動的にkeyshotにメッシュを全て転送してくれます!しかも表示されている全てのサブツールをそのままの形で転送してくれるのも分かり易いです。


基本的にBPRボタンを押すだけです!

2、扱えるメッシュ

Zbrushは、スカルプト系のツールであり、時に莫大なポリゴン数を扱います。
他の3DCGツールなどでレンダリングを行う為に、データを読み込んでハイメッシュを扱うには操作が重過ぎたり、読み込みでエラーになったり時にフリーズしたりします。

keyshot for zbrushなら、ハイメッシュをそのまま扱えるのでZBrushでのモデリングからそのまま絵作りに移行できます。

150万ポリゴン程度にポリゴンを増やしたDemoSoldierも問題ないです。

3、簡単設定

レンダリングを行うのに必要な設定が非常にシンプルで扱いやすいです。
他の3DCGツールでのレンダリングは自由度が高いものの満足のいくレンダリング結果に至るまで非常に手間が掛かりました。

keyshotのレンダリングは少しの設定を変更する簡単な手間で綺麗なレンダリングを行うことができます。


マテリアルは豊富なプリセットからドラッグ&ドロップするだけです。

4、UVが不要

3DCGでは一般的にテクスチャリングを行うに当たってUVが必要になりますが、keyshotでマテリアル設定をするだけであれば不要となります。

■keyshot for zbrushまとめ

何しろお手軽簡単!しかもサンプル画像を見ていただければ分かる通りの綺麗なレンダリング! 通常版と違ってZbrush経由からでしか使えませんがZbrushでの作品作りがメインな方にはお勧めできるかと思います。

最後に、簡単にナイフ作ってレンダリングしてみました。


Zbrushで作ったモデル

5分程度の設定

短時間でザクっと作ったモデリングですが、質感とかライティングとか5分程度で良い感じになったかと思います!

最後にこのツールを導入するにあたって必要なのが
・keyshot for zbrush(レンダリングツール)
・zbrush to keyshot(Zbrushのプラグイン)
の2つが必要となります。それぞれ有料のものとなりますので、導入に際してはよくご確認なさってください。

※参考までに2017年8月現在「keyshot for zbrush」が200ドル、「zbrush to keyshot」が149ドルとなっております。

それでは良い造形ライフを!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です