Photoshop入門② ファイルの作成、保存

スポンサーリンク




 

今回はファイルの扱いに関してです。最も最初に行うことでこれが出来ないと何も進みません。一つずつ覚えて行きましょう。

1.新規データの作成

まずは新規データの作成です。

メニューバーから新規作成

上部のメニューにあるメニューバーから、「ファイル」→「新規ファイル」を選択してください。そうすると新規作成のウィンドウが表示されます。

ドキュメントウィンドウから新規作成

新しいphotoshopをお使いの場合は、起動時にドキュメントウィンドウに新規作成のためのボタンがあるのでそちらをクリックでもOKです。

※この機能のショートカットはCtrl+Nです。

新規作成のウィンドウ設定

「新規」のウィンドウが表示されます。
各パラメーターの設定です。

・ドキュメントの種類

こちらは写真サイズや日本での一般的な標準用紙(A3やB4など)がプリセットで予め定義された登録されています。
自由にサイズを決めたい場合は、カスタムを選択してください。

・サイズ

⇒日本標準用紙などを選んだ際は、なじみ深いA3、A4などの用紙のサイズを決める箇所になります。
また、カスタム設定の場合はここの設定が触れなくなっています。

・幅

⇒そのままドキュメントの幅になります。右のプルダウンから単位を選んで下さい。

・高さ

⇒ドキュメントの高さです。右のプルダウンから単位を選んで下さい。

・カラーモード

⇒基本的にRGBかCMYKを選んで使っていくことになります。
デジタルでの表示物(PCやスマートフォン)はRGBを、ポスターやハガキなどの紙媒体の印刷物を作成する場合はCMYKを選んで下さい。

・解像度

これもデジタル表示物と紙媒体の印刷物で設定が変わってきます。
一般的にデジタルは、72~96ppi、印刷物は300~350ppiの設定です。

解像度に関して
解像度に関しては、結構複雑なので別記事で詳しく解説します。

・カンバスカラー

初期状態の背景色を決める項目です。
後でいくらでも変えられるので基本的にこのままの白で大丈夫です。

・詳細

これもこのままでOKです。色々と拘ると変更する必要があると思いますが、難しいことはひとまず置いておきましょう!

OKを押すと新規ドキュメントが作成されます。

カネキチ
色々と項目があるけど解像度設定が最も大事。使用用途は最初に考えておいたほうがいいかもです

2.データの保存

別名で保存

新規作成も無事に出来たところで、保存に移りましょう。
photoshopはPC環境や、作成物にもよりますが比較的PCの性能を求められるものとなってます。
その為、時にはソフトがフリーズしたりして所謂「落ちる」という状況になることもあります。
新規作成して、一生懸命に作成してて完成直前に落ちたぁぁ!というケースは無いことも無いです。

まず、新しいものを作成する際は保存を行う。これを習慣づけましょう。

カネキチ
フリーズには良く泣かされます。。。本当に保存はしっかりしておきましょうね。

最初に保存する際は、上部のメニューバーから「ファイル」→「別名で保存」を選択します。


※この機能のショートカットはShift+Ctrl+Sです。

保存先を聞かれますので、場所を指定して保存してください。
ファイルの形式はphotoshop(*.psd)形式です。

上書き保存

2回目以降、作業中にする上書き保存です。
途中でphotoshopが落ちても平気なようにこまめに保存をするようにしましょう。


※この機能のショートカットはCTRL+Sです。

3、開いたドキュメントを閉じる。

閉じる時はドキュメントウィンドウのタブにくっついている×を押す事で閉じることが出来ます。

ファイルに変更がある場合は、保存するかどうかを確認するウィンドウが表示されますので保存する場合は「はい」を保存しない場合は「いいえ」を選択します。
キャンセルは「保存」も「閉じる」もせずに元に戻ります。

4、画像を開く

最後は保存したpsdデータや、写真やイラストなど基本的なデータの開き方についてです。

・メニューバーのファイルから開く

新規作成と同様に上部のメニューバーからファイルを選択してそこから開くを押します。その後は開きたいファイルを選択します。

・ドキュメントウィンドウの開くボタンから開く

こちらも新規作成と同様です。何も開いてない状態のドキュメントウィンドウから開くを押します。その後は開きたい画像を選択します。

 

・ドキュメントウィンドウに画像を投げ入れる

何もデータを開いていない時
ドキュメントウィンドウにフォルダから、ドラッグ&ドロップで投げ入れます。最も直感的に開くことが出来ますね。

1枚以上のデータを開いている時
すでに画像を1枚でも開いている時に、別のウィンドウで開きたい時は、開いているドキュメントウィンドウの外側にドラッグアンドドロップをすることで開く事ができます。

と、3つほど紹介させて頂きました、最後のドキュメントウィンドウに投げ入れるのが一番使うと思います。
他の開き方はいちいち画像の置き場所を辿って探さないといけないことや、
ドラッグ&ドロップは複数選択した状態で投げ入れることで一気に画像を開くことができますので複数画像を開いて作業したい場合は手っ取り早く作業に移ることができます。

これでファイルの基本的な扱い方、新規作成、保存、開くはOKです!

カネキチ
これでもう一段回先に進めますね!次回もよろしくお願いします!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です