Photoshop入門① インターフェイス説明

スポンサーリンク




 

■そもそもPhotoshopとは?

「Adobe Systems Incorporated」通称「Adobe」が提供している多数のソフトの中の1つで画像を加工する画像編集ソフトになります。

撮影をした写真を加工、補正、フィルターなどを掛けてグラフィックデザインやWEBデザインで使用する画像を美しく作成することができます。

また、人によってはイラストを描いたりすることや、インターフェイスの作成など、ゲーム、アニメ業界などの分野でも広く扱われていてクリエイティブ業界では最もスタンダートなものです。

ということは・・・Photo shopは

「大体どの分野のクリエイターにとっても絶対必須なソフト!」

ということです。

■Photoshopのインターフェイス

それではこれから触っていこうと言う方の為に、まずはインターフェイスから見ていきましょう。

各場所についてですが

①メニューバー

ファイルの保存や各種機能の

②オプションバー

選択中のツールの機能をここでカスタムして使うことが出来ます。具体的には線を引くツールを使用時に線の太さを決めたり、多角形を作る際に角をいくつにするかなどの調整項目があります。

③ツールバー

基本的な機能が全てこちらに収まっています。絵を描きたいからブラシを取り出す!塗りつぶしたいからバケツを用意する!などなど作業するうえでの道具を取り出す場所です。

④ドキュメントウィンドウ

メインの作業場です。加工したい写真などを広げて加工をしていきます。複数のファイルを開いている際はタブが上部に表示されますのでそちらで作業する対象の表示を切り替えたりできます。

⑤ドック

パネルに収めることが出来るものを小さなアイコンとして格納しています。使う時はクリックすると、大きく拡大されます。パネルに入れておくと便利ですが機能が多いためパネルの領域をあまりに使いすぎるので、使用頻度が比較的低い機能などはこちらにドックとして格納するパターンが多いと思います。

⑥パネル

画像編集用の設定を細かく行うことが出来たり、各種便利な機能を入れておくことが出来る箱になっています。

ざっくり、インターフェイス周りはこういった感じになっています。機能を探す上で各部名称などは覚えておくと何かと便利なので是非、覚えてみてください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です