PhotoShopで扱う解像度 写真の解像度を上げる解説付き

スポンサーリンク




今回は解像度に関して解説していきたいと思います。

■画像解像度とは

「画像解像度」とは、その画像がどのくらいの密度で構成されているかを表す数字のことです。
「1インチの中に、いくつのピクセルが並んでいるのか」を表しています。
1インチあたりのピクセルの数が多いほど、画像解像度が高いといえます。

とりあえず、見た方が早いと思いますので、低解像度と高解像度のサンプルを用意しました。

同じ写真ですが、左側は解像度が72dpi、右側が300dpiです。左側は1インチあたりに72のピクセル、右側が300ピクセルで構成されています。

花びらを拡大したものを見てみると左側は、少しノイズが掛かって、輪郭もぼやけています。これは低解像度でピクセル数が足りない為にこういった結果になっています。画面ではまだ良いですが印刷するとその差は如実に現れてきます。

さて、では画像を作る際に解像度の設定をしますが、その際に迷うこともあると思うので、制作において、よく使用される解像度の一例を上げさせていただきます。

72dpi(ppi)

WEBやゲームなど、画面に映る類の画像データは72が基本的に使われます。

300~350dpi(ppi)

写真などを紙に印刷する際に必要な解像度は、およそ300~350ppi必要と言われています。
解像度が低いと、印刷の粗が見えてしまうので注意しましょう。

ただ、すごく遠くから見るような大きな印刷物(駅の壁面などを使ったような大型ポスターなど)は、近くから見ない想定なので200ppiなどでも良いようです。

私は職業柄、ゲーム画面を作ったりすることが多いので低解像度のデータを扱うことが多いですが、たまに雑誌用の画像を用意したりすることもあるので、あまりに低解像度でデータを作ることはしていません。

■解像度の変更に関して

Photoshopやその他の画像編集ソフトを使うと解像度を変更することが出来ます。

解像度を下げることをダウンサンプリング、逆に解像度を上げる事をアップサンプリングと言います。

基本的に制作を行う上で大事なのは、高解像度のデータをキチンと用意する事かなと思います。
写真を撮って後から加工を施す場合、イラストを描く場合、ゲーム素材を作る場合、全てにおいてアップサンプリングより、ダウンサンプリングして使うのが一般的です。

今はPhotoshopの性能などもだいぶ良くなってアップサンプリングも比較的キレイに出来るようになりましたが、やはり基本は高解像度からのダウンサンプリングです。

■Photoshopで行う緊急時のアップサンプリング

しかし、クライアントから提供された素材が不適切であるパターンもあります。どう見ても解像度足りない!っていうパターンですね。

そんな時は、クライアントに良いデータを再度お願いするか、手元の画像で乗り切るか・・・。
ということで、手元の画像データで乗り切るパターンを紹介させて頂きます。

バージョンに注意
photoshopのCC以降で追加された機能になりますのでご注意ください。

とりあえずサンプルを用意しました。

この画像は500*334px 解像度が72dpiとなっています。

ディテールを保持(拡大)を使用する。

画像を開いてから、解像度を変更していきましょう。
フォトショップでの解像度の変更は、上部メニューバーにある[イメージ]→[画像解像度]で行います。
こちらのショートカットはCtrl+Alt+Iとなっています。

このような画面が開きました。

ここから設定を変更していきます。
解像度の数値を変更しましょう。今回はアップサンプリングですので72dpiから300dpiに変更します。

また画像の幅の数字も変更しておきましょう。幅を2000pxに設定しました。

こんな感じの設定になってます。

さて、ここからが大事なところです。

再サンプルの所に設定があるのですが、こちらに「ディテールを保持(拡大)」という項目があります。
これに設定をしましょう。また左側にあるプレビューを見ながらノイズがある場合は、「ノイズを軽減」のスライダーで調整を行いましょう。今回は50%に設定しました。

結果が良さそうであればOKをクリックして確定します。

こんな具合に画像の解像度を高くすることが出来ました。

アップサンプリングの設定を試した結果

基本的にこの設定は、「ディテールを保持(拡大)」でOKな気がします!一応ですが、従来の再サンプルの画像結果もこちらに比較として貼っておきます。

バイキュービックは、少しぼやけた印象、ニアレストネイバー法はブツブツとした感じになってます。この3つの画質で言えばやはり、「ディティールを保持(拡大)」が良いと言えるでしょう。

■まとめ

ということで、今回は解像度の簡単な説明と解像度の変更の仕方、主にアップサンプリングについて解説させていただきました。この解説がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です