【photoshop】図形ツールで図形を描く!シェイプの使い方①

スポンサーリンク




今回はphotoshopでシェイプを使って図形を描く方法を詳しく解説します。

シェイプとは

複数のアンカーポイントという点を結んだ線(パス)で描かれた図形のことです。

シェイプを描く方法は大きく2つあります。今回は図形ツールでの図形の作成に絞っての解説となります。

■図形描画用のツール

図形ツール

矩形や円、五角形などの所謂、図形を描いたり、カスタムシェイプツールを使って複雑な図形を描くことができます。
こちらをメインで説明させていただきます。

ペンツール

自分で点を打っていき、自分の思った形でシェイプを作成することができます。図形を作る以外にも、写真の切り抜きなどにも使います。

今回はペンツールでの作図に関しては省かせてもらいます。別の記事で解説させて戴きます。

■基本的な使い方

まずは基本的な使い方です。
シェイプツールに関しては、ツールボックスから描きたい図形を選んで開始点からドラッグしてあげることで描画されます。普通にドラッグすると左上から右下に向けてドラッグするような感じです。

注意
上部オプションバーからシェイプが選択されているのを確認しましょう。

正方形や正円を描きたい時、普通にドラッグして描画すると
なかなかキッチリ作るのは難しいです。その場合は、ドラッグをしながらSHIFTを押すことで縦横の比率を保つことができます。

また別のパターンとして、開始点を図形の中心として描画したい場合ですが、
その場合はドラッグを開始したらALTを押します。
そうすることで開始点を中心に図形を描くことができます。

きっちり使いこなして、キッチリとした図形を描きましょう!

■ツールごとの個別のオプション設定

それぞれのツールにはオプション設定を使う事で図形の形を変えたりすることができます。

共通設定

オプションの共通設定です。
塗りと線 シェイプの塗りとシェイプのラインの塗りを決めることができます。また線の種類や太さなどを変更することが出来ます。図形の大きさなども変更できます。

長方形ツール

ベーシックな矩形を描くツールです。長方形やShiftを押しながらドラッグすることで正方形が描けます。

角丸長方形ツール

こちらは角丸の矩形を描くツールです。角丸は基本の形を守っていれば[属性]パネルから角丸の大きさを変更することが出来ます。

楕円ツール

円形のシェイプを作る為のツールです。Shiftを押しながらドラッグすることで正円を描画することが出来ます。

多角形ツール

三角形~N角形を作ることが出来ます。上部のオプションバーで角の数を設定することでどの多角形にするかを決めることが出来ます。

五角形で星形を作る方法
角数を5に設定をして、角数左側の歯車マークで星形にチェックを入れることで、星形のシェイプを作成することが出来ます。

辺のくぼみで星形のへこみの深さを調整することが出来ます。
今回はサンプルとして5角形でやりましたが、他の角数でも出来ますので試してみてください。

ラインツール

直線を引くことが出来るツールです。上部オプションバーからは線の太さなどを設定できます。Shiftを押しながらドラッグすることで、[90°・45°・180°]など角度を固定した直線を描画することが出来ます。

また、オプションの歯車マークで矢印を作成するための設定を行うことが出来ます。幅、長さ、へこみ具合を調整することで矢印の形状を変更することが出来ます。

カスタムシェイプツール

星型や矢印、最初から様々な形のシェイプが登録されていて簡単に複雑な形を作ることが出来ます。
また、カスタムシェイプは、自分で作ったり、他の方が作成したものを公開しているシェイプなどを入手して読み込むことで色々なシェイプを使う事が出来ます。

■シェイプのカラー設定 塗りと線

シェイプのいいところは、気軽に色を変えられることです。また、シェイプには塗りと線という概念があり、それぞれに別々の色を設定することができます。
簡単にではありますが、色の変え方などを説明させていただきます。

シェイプの塗りの色を変える

最も簡単に色を変えるのはレイヤーパネルにあるシェイプのアイコンをダブルクリックすることです。ダブルクリックをするとカラーを設定するウィンドウが表示されます。

もう1つの操作はシェイプを編集状態にして、オプションバーから変更する方法です。
左側のツールボックスから「パスコンポーネントの選択(黒い矢印)」か、もしくは「パス選択(白い矢印)」を選んだ状態でシェイプを選択することでオプションバーで、塗りと線の色を変えることが出来ます。もしくは、属性パネルからも変更できます。基本的にオプションバーと設定できることは同じです。

オプションバーや属性からの設定だと線は色だけでなく線の太さ、シェイプの内側、中央、外側に線を表示するか、実線か破線かなどを変更することができます。

シェイプは、拡大縮小やデザインの変更や調整などにおいて、融通が効くツールとなっており現場の制作においては大変重要なものです。しっかりと使えるとメリットは大きいと思いますので、是非覚えて活用してみてください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です