【Photoshop】ショートカットで効率を上げよう!

スポンサーリンク




仕事でクリエイティブ作成をしていると、必ずあるのが納期というものです。

素早い制作において、ショートカットの習得は必ず役に立つものだと思います。

今回は私が良く使うショートカットを紹介しますので是非、覚えて作業の効率化を
目指してみてください。

macユーザーの方は
CtrlをCommandに置き換えてください。

ドキュメント関連

ドキュメントの新規作成

Ctrl+N

ファイルから新規作成をするのと同じ内容です。私はスクリーンショットを撮影してPhotoShopにすぐに貼って加工することが多いのでこのショートカットの頻度は結構高いです。

上書き保存

Ctrl+S
データの上書き保存です。PhotoShopに限らず色々なアプリケーションで機能します。

別名で保存

Ctrl+Shift+S

色々と試行錯誤する時はバックアップとしてデータを残しておくことが多い私は頻繁に使う操作になります。

誤操作に注意
Shiftを押し忘れて上書き保存しないようにだけ気を付けてくださいね。

カンバスサイズ

Ctrl+Alt+C

細かいピクセル単位での画面の最終調整によく使います。

解像度

Ctrl+Alt+I

様々なデバイスに対応した画像サイズを作ったり、出力対象に合わせて解像度の調整を行うことがあるので必須なショートカットです。

画面の操作関連

パンツール

Space
画面を掴んで、スライドすることが出来ます。拡大して作業をしている時は必須です。

画面の拡大

Ctrl++

画面の拡大をすることができます。ツールボックス内では虫眼鏡のズームツールの機能になります。

画面の縮小

Space+

画面の縮小をすることができます。ツールボックス内では虫眼鏡のズームツールの機能になります。

回転ビューツール

R
カンバスを回転させることが出来ます。イラストで自分の得意なストロークで線を引いたりする時などによく使いますね。

レイヤー関連

レイヤーの新規作成

Ctrl+Shift+N

レイヤーパネルから[新規レイヤーを作成]のショートカットです。画面右下は意外と遠いので地味に使ってます。

レイヤーの複製

Ctrl+J

現在選択レイヤーのコピーレイヤーを上のレイヤーに作成することができます。すごく良く使います。

レイヤーの順序を入れ替える

Ctrl+[
現在選択レイヤーのレイヤーを一つ下に移動します。

Ctrl+]
現在選択レイヤーのレイヤーを一つ上に移動します。

レイヤーはマウスでドラッグすることで直感的にレイヤーの順序を入れ替えることが事ができますが、グループのフォルダにレイヤーを入れたり、外に出したりを行うのは繊細な操作が必要になったりします。そんな時はこのショートカットを知ってるとサクサクと進みます。

レイヤーを削除する

Delete
デリートキーでレイヤーを削除することができます。

選択範囲が表示時
選択範囲が表示されている時は範囲内を消去します。

選択範囲関連

選択範囲-全てを選択

Ctrl+A

ドキュメントサイズいっぱいの選択範囲を作成します。選択範囲の機能に関しては上部ファイルメニューから使用するものが多いので、こちらもショートカットを覚えておくメリットは大きいです。

選択範囲の反転

Ctrl+Shift+I

現在の選択範囲を反転することができます。

選択範囲の解除

Ctrl+D
選択範囲を解除することができます。

変形、色調整など

自由変形

Ctrl+T

対象のレイヤーを拡大縮小回転など行う為のショートカットです。レイアウトを行うのに必須な操作です。普段は上部のメニューバーから[編集]→[自由変形]と行います。

色相・彩度

Ctrl+U

上部メニューバーから[イメージ]→[色調補正]→[色相・再度]で起動します。
アクティブなレイヤーに対して、色を変更したり彩度、明度までを調整できるので非常に便利です。階層が深いのでショートカットで実行できるメリットは大きいです。

制作の補助機能関連

ガイドの表示、非表示

Ctrl+:

レイアウト制作をする際は、ガイドを良く使いますが表示をしたままだと制作の邪魔になる事も多々あります。そういう時に覚えておくと便利です。

グリッドの表示、非表示

Ctrl+@

こちらもレイアウト制作には良く使う機能だと思います。表示、非表示をすぐに切り替えられます。

ツール関連

イラスト制作などで頻繁に画面左側のツールを切り替える時に覚えておくと便利なショートカットです。

ブラシ

B
ブラシに切り替えます。またShiftを押しながらBを押すと、ブラシ関連の他のツールに切り替えることができます。

ブラシと消しゴムのサイズの拡大と縮小

[
ブラシ、消しゴムのブラシ幅縮小が行えます。

]
ブラシ、消しゴムのブラシ幅拡大が行えます。

消しゴム

E
消しゴムに切り替えます。またShiftを押しながらEを押すと、消しゴム関連の他のツールに切り替えることができます。

選択ツール

M

長方形選択ツール、楕円形選択ツールなどの選択範囲を作成する選択ツールに切り替えを行うことができます。
Shiftを押しながらMを押すと、選択ツール関連の他のツールに切り替えることができます。

私が制作を行う上で使用頻度が高いものを挙げさせて頂きました。
この他にも色々と便利なショートカットはありますのでまた紹介させていただきます。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です