【PhotoShop】背景をぼかすテクニック-フィールドぼかしを使おう

スポンサーリンク




写真を撮って、後で見直してからもっとこういう風にしたいなとか色々と出てくる時があります。

そのうちの1つのパターンとして普通に撮った写真の「背景をぼかす」ということがあるのではないでしょうか。
今回はそういった普通の写真の背景をPhotoShopを使って、簡単にぼかすテクニックをご紹介します。

写真素材の準備

まずは、写真を用意しましょう。

今回はこのような写真を素材として用意しました。
神社か何かの犬の置物を撮った写真ですね。この写真を加工していこうと思います。

普通にぼかす定番のパターンとして選択範囲で被写体と背景とを分けて背景に対してぼかしを掛けたりするような加工を行うのが一般的かと思いますが、時間は有限なので、サクっとできる方法を選びました。

まずはPhotoShopを起動して写真を開きます。

背景レイヤーを複製する

まずは背景レイヤーとして写真のデータが開かれているので、そちらを複製しておきましょう。
今回の方法は、写真のレイヤーに対して直接加工を施すのでバックアップを残す意味でも複製が大事です。

複製の仕方はCtrl+Jです。レイヤーを右クリックしてメニューから選んでも構いません。

これで加工の準備が出来ました。

写真に加工を行いましょう

フィールドぼかしの起動と画面説明

次に上部のメニューバーから[フィルター]→[ぼかしギャラリー]→[フィールドぼかし]を選択します。

そうするとフィールドぼかしの編集画面に切り替わると思います。

まず画面中央に現れるピンがこのフィールドぼかしにおける大事なところで、このピンマークの中心を基準にぼかしが行われます。

ピンの外周にはゲージのようなものがあります。これはぼかしの掛け具合を調整するインジケーターとなっています。
このインジケーター部分をドラッグすることで調整を行えます。

またこの調整は画面右にある[ぼかしツール]のパネルからでも調整が可能です。

ぼかしを設定していく

それでは実際にぼかしを設定していきましょう。
最初のピンが1個、中央にある状態だと画面のど真ん中でぼかしを掛けているだけなので、ぼかしの為にピンを増やしたり、位置を動かしながら調整します。

ピンの操作
ピンの増やし方は別の場所をクリック、ピンの移動はドラッグ、ピンの消去はピンを選択した状態で、Deleteで行うことができます。

今回の写真の例だと被写体の置物には、ぼかしの値が0に近いピンをいくつか打っていき、
背景部分、特に遠景には強めにぼかしを掛けています。

今回の写真では合計で11個のピンを打ちました。
調整が終わってOKであれば画面の上部にある[OK]を押すことで編集を確定させることが出来ます。

これで作業は完了です。

形が少し複雑なもので丁寧にぼかしたい時にはピンを多く打って調整しないといけない時がありますが、
ピンポイントでぼかしたい時は、サクっとぼかしを行えるのでお勧めです。

金木
花などの自然とかに使いやすいかもしれませんね。

ということでサクっとサンプル。いい感じですね!

また、画面右下にある設定を弄ると、ぼかしに光のボケや色を乗せることが出来て少しドラマチックな感じになったりもしますので
色々と試してみると面白いですよ!

ということで、今回の写真で光のボケとかを弄ったサンプル。

如何だったでしょうか。
また使えそうなテクニックなどは、随時、このブログで紹介していくので宜しくお願いしますね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です