【Photoshop】ブラシの追加方法と管理について

スポンサーリンク




ブラシ管理メニューへのアクセスの仕方

まず、今回の操作は基本的にブラシ左側のツールボックスからブラシを選択状態の時にブラシの選択画面から行う作業が多いのでこちらへのアクセスに関して一度、確認していただいたほうが良いです。

ブラシ選択画面を開く

ブラシ選択状態で、上部のブラシサムネイルを選択することでブラシの選択画面を開くことができます。

ブラシを管理するメニューを開く

次にブラシの追加や保存などを行うメニューの開き方です。

ブラシ選択画面の右上にある歯車のアイコンをクリックすることで管理メニューを開くことが出来ます。

■ブラシの追加方法(読み込み)

今あるブラシセットに対して、ブラシを追加していきたい時に行うのがこちらの操作。
.abrファイルを読み込むことで新しいブラシを追加して使うことが出来るようになります。

試しに1つの.abrファイルを読み込みました。既存のブラシに加えて新しいブラシが追加されているのが分かります。

増やしすぎに注意
調子に乗って追加しまくるとブラシの数が膨大になるので、注意しましょう。

■ブラシの置き換え

ブラシのセットを切替える際に行うのがコチラです。

ブラシは基本的にセットで保存されているものですので、ブラシを置き換えるを実行するとセット単位で全てが入れ替わります。

注意
既存のブラシがデフォルトの場合は問題ありませんが、もしブラシの追加やカスタムしたブラシを登録してある場合は先にブラシデータを保存しておきましょう。

■ブラシの保存

今のブラシ全てを保存する

読み込まれているブラシ全てを1つのブラシセット(.abrのブラシファイル)として保存する方法です。

・プリセットマネージャーから選択してセットを保存

こちらはプリセットマネージャーという管理機能から好きなものを選んで1つのブラシセットとして保存することが出来ます。複数のものを選ぶ時はCTRLやSHIFTを駆使して保存したいものを選択してから「セット」を保存を実行します。

■ブラシの削除

次はブラシの削除に関してです。
全部を削除するのはデフォルトに戻せばよいので、初期設定に戻すを実行すれば良いです。

プリセットマネージャーから削除

増えすぎたブラシを削除するには、プリセットマネージャーから削除することができます。

■ブラシの管理方法

ここからはブラシのセットの管理方法の1つを紹介させていただきます。
個人的にはローカルにブラシ毎に.abrを作成して使いどころで切り替えるのが良いかなと思います。

例えば・・・
・基本ブラシ(良く使う自分用のセット)
・レース素材
・背景描画用
・エフェクトブラシ
など用途に合わせて作っておいて、使いたい時にブラシを置き換えして使うなどです。


このように1か所に、用途ごとのブラシをまとめています。

■良く使うセットはプリセット登録

自分で作ったりダウンロードしたブラシライブラリはどこにおいても読み込めますが頻繁に使うものはPhotoshopのデフォルトのブラシフォルダにおくと便利です。

デフォルトのブラシフォルダ、私の環境においては以下の場所になりますが、
C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2017\Presets\BrushesにABRファイルを置いておくと、自動的にブラシ選択画面の右上の歯車を押すことで表示されるメニューに一覧で表示されるようになり、切り替えが楽になります。

普段使うブラシがある程度決まったら、ここに置いてすぐに読み込めるようにしておくと作業効率が上がるかなと思います。

プリセット系の注意
ちなみに、上記プリセットフォルダに置いたブラシデータを反映させるにはPhotoshopの再起動が必要になります。

■まとめ

今回はブラシの追加や削除、手軽で実践的なブラシの管理方法をまとめました。如何だったでしょうか。ネット上には豊富なブラシセットがあり便利で楽しい分、ついついダウンロードして整理しきれないような状況になってしまいがち、色々と試しながらもしっかり整理して、効率よく作業していけるようにしたいものですね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です