【PhotoShop】フォトショで行う色の変更・調整の3つの方法

スポンサーリンク




デザインの仕事をしていると、写真などの素材に色の変更を加える場合が多々あります。今回はそのような時の色の変更、調整方法などの方法を3つご紹介します。

今回はこちらの写真素材をサンプルとして使用します。写真のフィギュアの髪の毛の色を変えてみましょう。

■1、色相彩度の調整レイヤーを使う

まず1つ目は、レイヤーパネルに調整レイヤー[色相・彩度]を足して行う方法です。それでは手順を追って説明していきます。

変更箇所にシェイプを作る

まずは変更したい箇所以外に対してマスクを作成したいので、マスクを作成するためにペンツールなどを使って髪の毛に沿ったシェイプを作成します。

作成したら一旦、シェイプがあるレイヤーを非表示にしておきます。

シェイプの作り方、ペンツールの使い方に関してはこちらをご覧ください。

【PhotoShop】ペンツールで写真を切り抜く方法

2017.07.29

【操作解説】Photoshopのペンツールで図形を作る方法

2017.07.27

調整レイヤーを足す

写真素材の上に、調整レイヤーを足しましょう。レイヤーパネル下部から調整レイヤーの[色相・彩度]を足します。

色相・再度の変更に関してはこちらの記事でも扱っておりますのでそちらもご覧頂ければと思います。

色の基礎知識とPhotoshopでの調整方法

2017.08.10

このまま色を調整すると、写真素材全ての色が変更されてしまいます。

このままでは問題なので先ほど作ったシェイプでマスクを作成します。シェイプのサムネイルをCTRL+左クリックで選択範囲を取得します。

調整レイヤーにマスクを足す

選択範囲が取得できたら、調整レイヤーを選択して調整レイヤーでマスクを作成・・・!
といきたいところですが、調整レイヤーは作成段階で既に真っ白のマスクが用意されている状態ですので、一度、マスクを削除します。

マスクのアイコンの上で右クリックして、メニューからマスクの削除を行います。

削除が終わったら、改めてマスクを作成します。

これで、調整したい箇所のみの色が変更されました。
あとは調整レイヤーの色相を変えてお好みの色に調整してみてください。

■2、描画モードカラーを使う

2つ目の方法は、レイヤーの描画モードを使う方法です。

変更箇所にシェイプを作る

こちらも1つ目の方法と同様にシェイプを作成します。先ほどは[色相・彩度]の調整レイヤーを作りましたが、今回は調整レイヤー作成は飛ばして、シェイプから選択範囲を取得してください。

選択範囲に塗りつぶしを行う

新規レイヤーを作成して、選択範囲の中にえたい色で塗りつぶしを行いましょう。左側の塗りつぶしツールで塗りつぶしを行います。

塗りつぶしを行った時点ではベタ塗りなのでディティールが潰れてしまっています。

描画モードを変更する

最後にレイヤーの描画モードを変更します。[カラー]に変更すれば色変えは完了です。

金木
耳まで色が変わってるのに後で気づきました。この場合は消しゴムでササっと消してしまいましょう!

■3、色の置き換え

最後の3つ目は色の置き換えで行います。

写真を複製する

先の2つの方法と違って、この方法は画像データを変更することになるので予め複製を取っておきましょう。そうすることで安心して作業ができます。
CTRL+Jでレイヤーを複製できます。

レイヤーの複製が出来ました。

色の置き換えの実行

複製したレイヤーに加工を加えていきます。上部のメニューバーから[イメージ]→[色調補正]→[色の置き換え]を選択します。

実行すると色の置き換えの調整ウィンドウが出てきます。

基本的に、画面内をクリックして変更したいカラーを拾ってきて、下側のスライダーで色相を変更します。白黒のプレビュー画面で影響範囲を視覚的に確認することができます。
影響範囲が広すぎる時(今回は髪の毛以外の背景の色が変わったりした場合)は許容値の値が大きいのが原因なので値を小さく、逆に影響範囲が狭い場合(髪の毛の一部分しか色が変わらない場合)は許容値を大きくします。

おおざっぱに色を変える場合にはとても手軽ですが、今回の場合は同系統の色味である顔の色などにも影響が出たので選択範囲を併用することで精度を上げることが出来ます。
これまでに作成した選択範囲を使って、再度やってみました。

今度は上手くいきました!

■まとめ

色変えの方法を3種類、色々と試しましたが、変えたい色が明確でザックリやるのであれば3つ目の色の置き換えです。精度を求める場合や変更箇所以外に同系色が含まれてる場合は1つ目の調整レイヤーや色を乗せてレイヤの描画モードを変える方法が良いと感じました。
素材に合わせて使いやすいものを選んで使ってみてください!

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です