色の基礎知識とPhotoshopでの調整方法

スポンサーリンク




今回は、色の基礎知識と共にフォトショップを用いた調整方法に関しての記事になります。

■色の3要素

色というのは3つの要素から成り立っています。その3つの要素は色相・彩度・明度の3つです。

色相(Hue)

これは赤、青、緑のような色味の違いのことを表しています。デザインにおいて色相はイメージの違いを最も表現することが出来る要素になります。ゲームUIにおいては色によってプラスの効果、マイナスの効果、チームやスキルなどの判別など非常に重要になります。

彩度(Saturation)

色の鮮やかを表します。色には有彩色と無彩色があり、黒や白は彩度が0の無彩色となります。

明度(Brightness)

色の明るさを表します。これは明度が高くなれば最終的に白に、明度を低くすれば黒に近づいていきます。

■Photoshopでの色の選択方法

色の選択をする際のカラーピッカーで色を選ぶ際にも先ほどの、色の3要素を元に選択方法を変えて使用する色を選択することができます。

色相(Hue)のカラーピッカー

色相を右側のスライダーで変更をし、左側のエリアで左右が彩度、上下が明度となっているピッカーです。私はこちらが一番慣れています。

彩度(Saturation)のカラーピッカー

色相は左側の色から選択します。上下方向と右側のスライダーで明度の調整や彩度などを変更します。

明度(Brightness)のカラーピッカー

色相は彩度と同様に左側から選択し、左側のエリア内、上下で彩度をコントロールします。右側のスライダは明度のコントロールに使います。

■Photoshopにおける色の調整方法

PhotoShopでの色の調整方法は上部のメニューバーから[イメージ]→[色調補正]→[色相・彩度]を行う方法や、レイヤーパネルで色調・彩度の調整レイヤーを使う方法で調整することができます。

上部メニューから調整メニューに入る方法

上部のメニューバーから実行します。[イメージ]→[色調補正]→[色相・再度]を実行します。

調整レイヤーを使う方法

レイヤーパネル下部にあるボタンから調整レイヤーを追加するをクリックして[色相・彩度]を実行することでレイヤーに色相・彩度の調整レイヤーを追加することが出来ます。

■実際に調整を行ってみる。

それでは実際に写真を使ってそれぞれの調整を行ってみます。

色相の調整

調整ウィンドウの一番上のスライダで調整します。

彩度の調整

調整ウィンドウの真ん中のスライダです。一番左にいくと無彩色になります。

明度の調整

調整ウィンドウの一番下のスライダです。一番左にスライドすると黒に、逆に一番右にスライドすると白になります。

今回は色彩の基礎知識と簡単な調整方法でした。
色の変更や、彩度、明度の変更などは写真加工だけではなくゲームにおいても統一感を出す、印象付けたい場所を目立たせるなど使うシーンは多くあります。
今回の知識がどこかで約に立つ時もあるかと思いますので、是非覚えて使ってみてください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です