【初心者向け】PhotoShopでのグラデーションの作り方①

スポンサーリンク




初心者の方に向けてphotoshopでのグラデーションの掛け方です。何種類かあるのでいくつかに分けていきます。まず最初はおそらく最も基本的な掛け方です。

■グラデーションツールの使い方

1、ツールの選択

左側のツールからグラデーションを選びます。グラデーションツールが表示されてない場合はアイコンを長押しか、右クリックをすることで隠れている他のツールを選択することが出来ます。

2、カラー設定を行う

グラデーションのカラー設定は上部にあるオプションバーから行います。グラデーションの枠をクリックすることでグラデーションエディタウィンドウが開きます。

グラデーションエディターを開き、実現したいグラデーションに近いサンプルを選んでそちらから自分の好みのカラーに変更しましょう。

プリセットの箇所をクリックしてウィンドウ内のグラデーションタイプで色を設定します。
グラデーションタイプには何やら四角いマークが最低4か所あります。こちらについて触れておきますと、上側は色の透明度、下側が色になります。

さて、今回はサンプルとして黄色からオレンジに変わるグラデーションを作成します。

サンプルは一番上段の左から3つ目を選択します。

こちらのサンプルはグラデーションタイプの不透明度が左右両方とも「100%」になっています。つまり背景が透過しないグラデーションを作成することが出来ます。

まずは1色目のカラーを設定します。スライダーの左下のアイコンをクリックして選択状態にしてから、ウィンドウ内のカラーをクリックして色を指定します。

色は今回は#ffa72aにしました。グラデーションのスライダーの色が変化します。

続いて、2色目です。
先ほどと同様にスライダー右下のアイコンをクリックして選択状態にして、カラーから色を指定します。#fffd56を設定しました。

これでオレンジから黄色のグラデーションが出来ました。

色が設定出来たらOKを押して、グラデーションエディタを閉じます。これでキャンバス内にグラデーションを掛けることができます。

3、グラデーションの実行

グラデーションのタイプを選択し、ドラッグを行うことでグラデーションを掛けることができます。
グラデーションタイプはオプションバーで選択することができます。今回は一番左の線形を使います。グラデーションツールで下の方から上にドラッグして離すことでグラデーションを掛けることができます。

綺麗にグラデーションを掛けることができました!

■グラデーションの色の追加と削除

これまでは2色のグラデーションを作る方法でしたが、3色以上使いたい時などは色を追加しなければなりません。
また、逆に多数の色で構成されているグラデーションは色数を減らす事もあると思いますので削除方法も記載しておこうと思います。

色の追加

色の追加は、スライダーの2色の間のエリアをクリックすることで追加することができます。
また、もともとある色(左下、右下のアイコン)をAlt+ドラッグすると複製してグラデーションの色数を増やすことができます。

色の削除

色の削除方法は、削除したい色のスライダーのアイコンをドラッグして、スライダーから離れた場所にドラッグすることで削除することができます。

■透明度の設定

透明度は色の設定同様に設定したい側の左右どちらかをクリックしたのちに下の不透明度の数字を変更することで変更することができます。

画像は右側の黄色を不透明度0%にしました。
グラデーションを左から右へ実行すると先ほどの設定どおりに右側の黄色が透過しているのが確認できます。

■グラデーションの種類

グラデーションの掛け方には種類が5つあります。
・線形
・円形
・角度
・反射
・菱形

種類の切替えは
グラデーションツールの場合は、上部オプションバーにあります。

私は基本的に線形と円形ばかり使って他はあまり使いませんが、色々試してみると面白い使い方ができるかもしれません。

今回は基本的なグラデーションの掛け方について、手順や種類などをまとめてみました。
次回はテキストやシェイプなどにグラデーションを適用する方法に関して記載していこうと思います。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です