【PhotoShop】お手軽に写真をセピア調に加工する方法

スポンサーリンク




写真加工テクニックで定番ですが、今回は写真のセピア調の加工についてです。やり方は結構色々あるんですが今回は2つの方法で加工をしていきたいと思います。

■色調補正でセピア調の加工をする

手動で色調補正する

オーソドックスな色調補正での方法です。オリジナルの写真をまずは開きましょう。適当な街の写真を用意し、Photoshopで開きました。

開いたら調整レイヤーを追加します。今回使う調整レイヤーは「色相・彩度」の調整レイヤーです。

レイヤーパネル下部から[塗りつぶしまたは調整レイヤーの新規作成]をクリックして[色相・彩度]をレイヤーに追加します。

すると色相・彩度の調整パネルが表示されます。

このパネルを調整することで実現できます。

色相を変更すると元の写真の色が全体的に変更されてしまうので、「色彩の統一」にチェックを入れます。


※チェックが無い場合

次は、このチェックが入った状態で各スライダーを調整します。

数値を軽く弄ってセピア長にしてみました。手動ですが簡単に加工が出来ました!

色調補正のプリセットで加工を行う。

先ほどは手動でパラメーターを弄りましたが、セピア調の加工は非常にメジャーなのでプリセットとして用意されています。次はそちらの設定の方法を見ていこうと思います。

色相・彩度の調整レイヤーを追加するところまでは同じです。

この色相・彩度の設定ウィンドウの上部にプリセットのプルダウンメニューがあります。そちらからセピアの設定を選ぶだけ!

非常に簡単です!設定内容はこんな感じになっています。

■スタイルのプリセットでセピア調に加工

次にスタイルでのセピア調の加工方法です。こちらもプリセットを使うのでお手軽簡単です!

背景レイヤーから普通のレイヤーへ変換

まずは写真を開きます。このままだと写真が背景レイヤーなのでスタイルの適用ができません。まずは背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤーに変換します。ダブルクリックで出てくるウィンドウはそのままOKで大丈夫です。

レイヤースタイルの表示を見やすくして適用する。

続いてレイヤースタイルの適用です。ウィンドウが表示されていない場合は上部ウィンドウからスタイルを選択します。レイヤースタイルはプリセットで色々ありますが、アイコンの表示だとわかりづらいのでパネル右上のオプションをクリックします。

するとオプションメニューが表示されるので、そちらからリスト(小)をクリックして表示を切り替えましょう。

クリックした結果、このように表示が切り替わります。

こうすると、セピアのスタイルが分かりやすいです。あとはリストからクリックするだけです。

クリックしてスタイル適用した結果です。

ワンクリックでセピア調に加工することができました。

■まとめ:便利なプリセットがあるけど手動も大事!

今回の記事如何だったでしょうか、プリセットがあらかじめ揃っているので実現するのは容易いですが手動で1回やっておくと、「色彩の統一」などの挙動も掴めますし、「色相・彩度」での色々なカラーへの対応は多く扱うことになるので一度は手動でやってみるのをお勧めします。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です