【PhotoShop】シームレスなパターン背景を作成する方法

スポンサーリンク




地味に使う場面があるシームレスパターンの背景を作成する方法です。シェイプで作った模様を作成するパターンで今回は作成してみようと思います。

■シェイプで作る模様のシームレスパターン

まずはシェイプで模様のシームレスパターンからです。

キリのいい数字でカンバスを作成する

今回のチュートリアルは基本的にキリのいい数字で作っておくことをお勧めします。
私の場合は大体、500pxで作成します。

なので新規作成で縦横どちらも500pxで作成します。

シェイプを中央に配置する

今回は簡単に作成したいので、シェイプの中からカスタムシェイプを使います。猫の肉球っぽいのがあるのでそれを使いましょう!

適当にドラッグして中央に配置します。配置する際は自由変形(CTRL+T)を行う際の上部のオプションバーに数値を入力することで正確に配置することができます。

とりあえず、背景カラーはオレンジで、肉球のシェイプはベージュで作成しました。これを1枚の画像にしてしまいます。上部の[レイヤー]から[画像を統合]を実行します。

これで1枚の画像になりました!

スクロールで画像のシームレス化

先ほどの画像を[フィルター]→[その他]→[スクロール]を実行します。

次に現れるスクロールのウィンドウの設定が大事です。スクロールの水平と、垂直の移動量をカンバスサイズの半分に設定します。今回はドキュメント作成時に500pxで作成してますので、水平と垂直に250pxです。
また、下の方にある未定義領域は3つ目のラップアラウンドにします。プレビューにチェックが入っていれば、画面の四隅にシェイプで作った模様が表示されているのが確認できると思います。

設定が出来たらOKで素材は完成です。

素材が出来たら実際に繋いで見て問題がないかを確認しましょう!

並べてみました。綺麗に繋がっていて、とても良い感じですね!

■パターン登録して使う

せっかく作ったのでパターンとして登録しておいて使用したいと思います。作成した模様が選択された状態で上部メニューの[編集]からパターンとして定義をクリックします。

するとパターンの名称を決めるウィンドウが出ますのでそちらに任意の名前を付けましょう。

これで登録することが出来ました!

あとはシェイプや背景など、でパターンオーバーレイを設定することで気軽にパターンとして使うことが出来ます!

カネキチ
繰り返しの模様の大きさはパターンオーバーレイ内の比率の数字を変更することで変えることができます。

日ごろから、色々と使えそうなパターンを作成して登録しておくと急な変更依頼や、急ぎでの新規作成に役に立つことがありますので、どんどんパターンを作成していっていただければと思います。
今回の記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です