[言語変更の方法]ZBrushのUIを日本語に切り替える。ノートの日本語化も紹介

スポンサーリンク




■ZBrush4 R8からは多言語対応!日本語もバッチリ!

Zbrushのインターフェイスは、これまで全て英語でしたが4R8から多言語対応となりました。今回は英語がどうにも苦手である!日本語がいい!っていう方やZBrushCoreから入ってきた方向けにインターフェイスの切替え方法を記載させて頂きます。

カネキチ
私がインストールしたのが結構前で記憶が曖昧なのですが、インストール初期は英語かもしれません。なので、英語から日本語への切替えも記載しておきますね。

■英語から日本語、日本語から英語への言語の切替え方法

英語から日本語へ

上部メニューの[Prefarences]→[Language]のメニューまで行き、そちらから[日本語(Japanese)]を選択すればOKです。

日本語から日英語へ

逆に、日本語から英語にする場合は、環境設定→言語のメニューを開いてそちらから[English]を選択しましょう。

■設定の保存に関して

せっかく言語を切替えたので、保存をしておいたほうが良いです。保存をしておかないのと起動時にまた言語の設定が戻ってしまいます。

言語設定が英語の場合の設定の保存

英語が設定されている場合は、以下の操作を行います。上部メニュー[Prefarence]→[Config]→[Store Config]を選択することで設定の保存をすることが出来ます。

言語設定が日本語の場合の設定の保存

日本語が設定されている場合は、以下の操作を行います。上部メニューから[環境設定]→[コンフィグ]→[設定内容変更]を選択します。

設定と保存が終わったら、Zbrushを1回終了させて、再度起動を行ってキチンと保存されているか確認を行ってください。

■ZbrushのUIは英語のままで、ノートを日本語化する

こちらのZbrushの日本語翻訳を担当された希崎葵さんの方で、英語UIを使いつつノートは日本語で表示をするという方法がyoutubeで公開されています。(ノートとはボタンとかにマウスポインターなどを合わせた際に表示される機能の補助説明のことです。)

こちらが動画です。

個人的には、この方法が一番スマートかなと思います。但し、希崎さんも仰ってますがこちらは少し裏技的なものなので、実行する場合は自己責任でお願い致します。

■まとめ

今回はインターフェイスの日本語化と、ノート部分の変更に関して記事にさせて頂きました。
ただ、これまでのZBrushは4R7まで英語でみなさんやってきた為、ネット上の情報や書籍、DVDなども全て英語のインターフェイスでの解説が多いので、英語に慣れてたほうが何かとメリットはあるかもしれませんね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です