【Zbrush】メッシュが荒くなった時の解決策。ダイナメッシュを使ってみよう!

スポンサーリンク




ZBrushは自由度が高い3DCGアプリケーションです。

球体から色々とこねくり回すだけで、結構楽しかったりします。私も最初は球体を変形させるだけで満足でした。
しかし、作業しているとやはり具体的なものが作りたくなってきます。定番なところだと人の頭とかですね。

球体から頭を作っていく過程において首をMoveブラシで伸ばして作ったりするのですが、そうすると発生するのがポリゴンが伸びることによって荒いスカルプトしか出来なくなる現象です。

今回はZBrushの特徴的な機能を使って、この解消方法を解説していきます。

メッシュに起きている現象を確認

まずはメッシュに起きている状況を確認しましょう。

画面にあるポリフレームの表示を切り替えるボタンをクリックします。右側にあるPolyFのボタンを押します。

このボタンがオレンジに点灯している時はメッシュの色が変わりポリゴンのラインが見えるようになります。
では、問題の箇所を確認しましょう。

首のポリゴンが大きく伸びているのが分かります。基本的にZBrushも3DCGアプリケーションなので他のアプリケーションと同様にポリゴンが集まることで立体として存在しています。
ですので、緻密なスカルプトを行うには密度が必要なわけです。

ダイナメッシュでメッシュを均一化する

これの解決策としてZBrushにはダイナメッシュという機能があります。これはポリゴンのメッシュ構造を均一化するものです。
実際に使ってみましょう。

ダイナメッシュの起動

ダイナメッシュを起動するには、画面のライトトレイにあるGeometryからDynaMeshをクリックしてダイナメッシュ用のメニューを開きます。
DynaMeshのボタンを押すことで起動ができます。

・・・が、ここで1つ問題があります。ダイナメッシュを行うにはメッシュがSDivを持っているとフリーズを行いますか?と聞くダイアログが出てきます。ZBrushは1つのメッシュに複数の解像度を持ったまま造形を行えるマルチレゾリューションメッシュエディティングという機能があり、荒いメッシュから高い解像度の密度あるメッシュを自由に行き来することが出来ます。この機能に関しては別で解説しようと思います。

今回はとにかくドンドン造形していくということなので、あまり難しいことを考えないやり方でやりましょう。

フリーズするかのダイアログが出たら、Noを選択します。

クリックを行うとダイナメッシュ更新が行われて均一なポリゴンになります。

この時にポリゴンが全体的に荒くなるようでしたら、ダイナメッシュの解像度変更を行います。Ctrl+Zで1回元に戻してからresolutionの値を変更してdynameshボタンを押して、実行します。

首を拡大してメッシュを確認します。

これで丁度よい大きさで均一なポリゴンになりました。あとは通常通りにスカルプトしていきましょう。

ダイナメッシュは1回onにすると再びクリックしないとoffになりません、この状態であれば
背景のエリアをCtrl+左ドラッグすることでダイナメッシュの更新を行うことができます。ベースの形状をおおまかに作る段階に置いてはダイナメッシュをONの状態にしてどんどんと形状を作っていくことができます。

楽しすぎてマッチョになっちゃいました・・・。

誤操作に注意
Ctrl+左ドラッグの操作はダイナメッシュがonの時はダイナメッシュ更新ですが、offの時はマスクの解除と同じ操作です。ダイナメッシュを意図せず更新したりすることがないように状況を把握しておいた方が良いと思います。

如何でしたでしょうか、このダイナメッシュという機能はZBrushで作業を行う上でとても大事で素晴らしい機能であるというのが伝われば幸いです。また、どんどん使って造形していってください!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です