【Zbrush】ハードサーフェスモデリングの参考動画

スポンサーリンク




Zbrushは、多くの頂点数をブラシを用いて直感的に操作することで有機的な形状をモデリングするのが得意なソフトです。しかし、ハードサーフェスが出来ないわけではなく人によっては見事なモデリングを行っています。

僕自身は、まだハードサーフェスに手を出していませんが、こうした手法を学んでいこうと資料として集めています。

■ブラシでのベース作成


こちらはCGスタジオModeling Cafeさんの動画です。コンセプトアート的にZbrushの特性を活かしながらの造形をみることができます。

■Zmodeler(ズィーモデラー)を使った制作

この動画はZbrushの機能の1つであるZmodelerを使った動画です。他の3DCGアプリに近いローポリゴンでの作成作業に向いた機能です。たまに無機物を作る際にZmodelerは使いますが、機能が多くて覚えるのは中々大変です。
こちらに関してもそのうちにまとめたいですね。

もう一つ、Zmodelerの動画です。
こちらは立方体から戦車を作る解説動画で、全部で7つあるので全部見終わるまで結構掛かりますが、すごく参考になりそうです。

その1

その2

その3

その4

その5

その6

その7

■ブラシでの作成から手動でのリトポロジーまで


この動画も最初はブラシでどんどん形を作っていき、フォルムなどが決まってからハイメッシュを元に手動でポリゴンを貼っていく一連のフローを見ることができます。
Zbrushで作るハードサーフェスは最終的には、この手動リトポロジーが必須かと思います。

■今回のまとめ

ハードサーフェスでのモデリングも作るものや、人によって手法が結構あるように思います。
いきなり全部実践は出来ませんが、少しずつ試していってZbrushでのハードサーフェスモデリングに慣れていけるといいですね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です