ZBrushの特殊ブラシ。マスクブラシでメッシュを保護

スポンサーリンク




今回はZBrushの少し特殊なブラシであるマスクブラシについての記事になります。

Zbrushでスカルプトをしていると意図しない部分をスカルプトしてしまうことがあります。
こういった時に使う機能がマスクブラシです。

マスクブラシにも種類が色々あるので、1つずつ解説していきます。

■マスクブラシを実行する基本操作

まずはマスク機能を使うための操作を知らないといけません。マスク操作を行う時は基本的に、キーボードのCTRLキーを使います。それはどの種類のマスクブラシを使う場合でもそうなりますので、マスクブラシはCTRL!と覚えてしまいましょう。

■マスクブラシの種類

それではマスクブラシの種類です。

MaskPen マスクペン

これは普通のブラシと同様に表面をなぞっていくマスクになります。メッシュに対してCTRLを押しながらスカルプトをすることで使うことが出来ます。

なぞったところが暗くなるのが分かります。暗くなっているところはマスクで保護された場所になります。
CTRL+ALTでメッシュに対してスカルプト動作をするとマスクした領域を削ることが出来ます。

MaskRect マスクレクト

矩形で囲った領域をマスクに設定します。
このブラシの使い方は、メッシュではなく、メッシュ以外の背景からCTRL+左ドラッグをすることで使うことができます。

また、CTRL+ALT+左ドラッグで白い枠線で矩形が表示されます。これを使うとマスクの領域を削ることが出来ます。

MaskLasso マスクラッソ

マスクレクトだと矩形でしか囲えないので、有機的な形状を部分的にマスクしたいときなど適していません。そんな時に使うのがマスクラッソになります。マウスやペンタブレットなどでフリーな線を描いて括った領域がマスクとして保護される機能になります。Photoshopなどを使う方には投げ縄ツールといえば、しっくりくるかと思います。

こちらもマスクレクト同様にCTRL+ALT+左ドラッグでマスクを部分的に削ることが出来ます。

■マスクの反転

マスクの反転操作に関してです。これまでの操作は基本的にマスクすることが出来ますが、マスクを作ったところに対して造形を施して他は保護したいという時などが出てくると思います。そんな時にこちらの操作が必要になります。操作は背景部分でCTRL+左クリックです。

仮のシチュエーションとして、このメッシュの目のあたりを弄りたいけど、それ以外をマスクするのは面積が広くて大変です。その時は目の周辺をマスクペンでマスクしてしまって、反転させれば目の周辺だけにスカルプトを加えることが出来るようになります。

カネキチ
反転の場合はドラッグではなくクリックなので気を付けて下さいね

■マスクの解除

用が済んだマスクの解除方法です。こちらの操作は背景部分でCTRL+左ドラッグです。この時メッシュまでドラッグ領域を伸ばさないようにしましょう。メッシュにマスクをすることになってしまいます。

■マスクの境界をコントロール

マスクの境界をコントロールする方法を2つお伝えします。

ブラー

まずはブラーです。ブラーというのはマスクの境界をボヤーっとぼかしてくれます。操作はメッシュ上にポインタを置いてCTRL+左クリックになります。

すごく使用頻度が高いです。是非覚えて頂きたいです!

ブラーの使用方法参考

ブラーの具体的な使いどころの1つを少し記載させていただきます。

サンプルとしてZbrushに初期から入っている「デモソルジャー」の体部分を使います。この体の肩周りを一回り大きくしようと思います。

まずは適当なマスクブラシで肩をマスクします。

肩回りがマスクされました。
今回編集したいところは肩なのでマスクを反転させます。背景部分をCTRL+左クリックします。

マスクを反転させることが出来ました。

続いて、Moveブラシを使って肩を大きくしていきます。ブラシサイズを大きくして外側に引っ張ります。

このような具合になりました。滑らかさに欠けますね。

次に、Moveブラシで変形させる前にブラーで4~5回ほどぼかしをかけておきます。

このような具合です。

これで先ほどと同じように、Moveブラシで外に引っ張ってみます。

先ほどとは違って滑らかに肩を大きくすることが出来ました!

このようにマスクをブラーすることで、滑らかな変形を行うことができます。このテクニックは腕を曲げる時などのポーズ決めにも使えるので覚えておくと便利です。

シュリンク

ブラーの逆で、マスクの境界をハッキリさせます。個人的にはあまり使いどころは無いですが覚えておいてもよいかと思います。
操作は、画面右側のライトトレイのMaskingの中から行います。

このような具合でシャープにできました!

さて、今回の記事はこれまでです。
ZBrushにおいてマスク作業は実によく使いますし、クオリティにも繋がってくるので使い方を覚えてみては如何でしょうか!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です