【ZBrush】ポリグループ(PolyGroup)の設定

スポンサーリンク




今回はポリグループ(PolyGroup)です!
以前に投稿したビジビリティと密接な関係がありますので、そちらの方も併せて見て戴いたほうが理解が深まると思います。

【ZBrush】ポリゴンの表示・非表示-Visibility(ビジビリティ)の操作

2017.10.10

■ポリグループ(PolyGroup)が設定されているとどのように便利か!

スカルプトを行う際にスカルプトしたい部分だけを表示したり、マスクの設定と組み合わせたりして作業を効率的に進めるのに役に立つ機能となります。
フィギュアの制作なんかだと目や耳なんかはポリグループを分けて作業しやすくしたりします。あとは体の四肢を非表示にして胴体を作業するのに邪魔にならないようにしたりなどの使い方もします。Zmodelerという機能を使う場合もポリグループの設定は必須となります。

■ポリグループの表示・非表示

Solo(ソロ)モードでボディだけを表示

まずはポリグループを視覚的に見る方法からです。今回は標準で入っているツールのDemoSoldierを使いますが、こいつのボディだけで見て行こうと思うので右側のサブツールから一番の上の「DemoSoldier」を選択してsoloモードにしましょう。

onにした結果が以下です。

soloモードにすることでボディだけを表示することが出来ます。

ポリフレーム(PolyF)のON

次にデフォルトの配置だと右の方にある、「PolyF(ポリフレーム)」ボタンをクリックしてONにします。これをONにすることで、ポリフレーム機能がONになり、ポリグループを色で見ることができます。またポリゴンを線で見ることが出来るようになります。DemoSoldierは6色に分かれているので6つのポリグループに分かれているのが分かりました。

ショートカット
PolyFのON・OFFのショートカットはShift+Fです。

ポリグループの色が出ない、ポリゴンのラインが出ない時は、「PolyF」ボタンの上にちょこっとテキストで表示してある「Line」「Fill」の機能がOFFになっているかもしれないのでクリックしてみてください。

マテリアルを変更しておく

ちょっとポリグループの色が見づらいですね。これはZBrushの初期のマテリアルが影響しているからです。せっかくなので見やすくするためにマテリアルも変更しておきましょう。
左側のMaterialとなっているところをクリックしてマテリアルの選択ウィンドウからBasic Materialを選択しましょう。

マテリアルを変更するとポリグループが見やすくなったかと思います。

■任意のポリグループだけを表示する

ポリグループの最も基本的な使い方の1つです。
複数のポリグループを持ったサブツールであれば選択ツールを選んでいる状態でCtrl+Shiftを押しながらクリックすることで、そのポリグループだけを表示させることができます。この機能を使うことで例えば、腕のポリグループのみを表示して腕だけを集中して作業をする、といったことが出来るようになります。

ポリグループの表示の解除は、Ctrl+Shift+左クリック。表示の反転はCtrl+Shift+背景領域をドラッグすることで行えます。

■ポリグループの設定方法

GroupVisibleを使ったポリグループの設定

基本的には、GroupVisibleの機能を使って設定をしていくのがいいかなと思います。GroupVisibleは表示しているポリゴンに対してポリグループを割り当てるという機能です。
現状DemoSoldierには、複数のポリグループが割り当て済みとなっています。一度これを1つのポリグループにしてしまいましょう。

画面右側のライトトレイから、PolyGroupを選択するとポリグループに関するメニューが表示されます。この中にあるGroupVisibleをクリックしましょう。

こうすることで、表示されているポリゴン全体に1つのポリグループが設定されます。

DemoSoldierのボディが1つのポリグループで設定されました。

GroupVisibleは表示されているポリゴンに対して、ポリグループを割り当てるので、割り当てたいポリゴンを表示させないといけません。
ポリゴンの表示を操作するにはビジビリティの操作が必要になります。

ビジビリティの操作など詳しくは以前に投稿させて頂いているのでそちらを合わせてご覧ください。

【ZBrush】ポリゴンの表示・非表示-Visibility(ビジビリティ)の操作

2017.10.10

Select Lassoを使って腕だけ表示してポリグループを設定してみます。

Sdivは一番下で!
ポリグループを設定する場合は、Sdivレベルを一番低い状態で行うようにしましょう。これはSdiv3でポリグループを設定して一度、Sdivの1に切り替えてからSdiv3に戻るとポリグループの結果が低いレベルに引っ張られる為です。

ブラシパレットからセレクトラッソを選択し、Ctrl+Shift+左ドラッグで緑色の枠を表示することができます。これで囲った部分を表示して、それ以外を非表示にします。
これで腕をぐるっと囲ってしまいます。

ざっくり行ったらVisibilityの機能のGlowやshrink、Ctrl+Shift+Alt+左ドラッグで表示を削る機能などを使って調整を行います。最終的にこんな感じにしました。

これでポリゴンの準備が出来たら、先ほどと同様にGropuVisibleを実行します。

腕にポリグループを割り当てることができました。

このような感じで各部で表示させながら、ポリグループを割り当てていきます。

最終的にこんな感じになりました。

基本的なポリグループの使い方はこのような感じです。
あとは他にも便利な設定の仕方などもありますがそれはまた別の機会に扱っていこうかなと思います。ということで、今回はここまでです。この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です