Zbrushの左右対称機能

スポンサーリンク




今回はZBrushでの左右対象機能(シンメトリーとかミラーリングとか呼ばれるもの)に関してです。まだまだ私自身、未熟なもので自分の勉強の備忘録も兼ねてます。

■基本的な左右対称、Activate Symmetry

最も基本的な左右対称な造形を行う為の機能です。
大体のモデルは最初は左右対称で制作を行うので、こちらの機能をONにして作ることになると思います。

Activate Symmetryの場所

これは上部メニューにあるTransFormの中にあります。

オレンジ色に点灯すればOKです。この時にボタンの下にあるXとMもONの状態になっているのを確認してください。

この状態だとX軸に対してシンメトリーが効くようになり、左右対称にスカルプトが行えるようになります。

Activate Symmetryのショートカット

先ほど、Activate Symmetryに関して場所を記載しましたが、正直常に上部のメニューにアクセスするのは正直な話し面倒です。
なので、ショートカットを使うと良いかな?ということでActivate Symmetryのショートカットです。

Activate SymmetryのON・OFF切替え:キーボードのX

カネキチ
ショートカットはドンドン覚えましょう!

■左右対称が崩れた場合に、左右対称に戻す方法

先ほどは基本的な左右対称での造形をする方法でしたが、こちらは左右非対称を左右対称に戻す方法です。

サブツールの切替えなどを頻繁に行っていたりすると、アクティブシンメトリーが切れた状態で
スカルプトを行っていることが良くあります。例えばこんな風に・・・!

早めに気付けば、CTRL+Zで戻ってやり直せば良いのですがだいぶ作業を進めてしまった時とか・・・!恐ろしいですね・・・

そんな時の解消方法を記載しておきます。

Sdivを持ってないオブジェクトには、Mirror And Weld

非対称なオブジェクトを左右対称にしてくれます。
但し、SDivレベルを持ったメッシュに対しては実行できないので注意してください。

そして、この機能はモデルの左側を右側にミラーするのでもし右側を左側にミラーしたいときは、先にMirrorを実行する必要があります。Tool→Deformation→Mirrorを実行します。ボタンにトグルスイッチがありますがXの状態で実行します。

続いて、Mirror And Weldの実行です。
こちらのボタンの場所は、Tool→Geometry→Modify Topology→Mirror And Weldにあります。

こちらもボタン右上にトグルスイッチがあり、それでどの軸に対してミラーと溶接(結合?)を行うのかを指定することが出来ます。この場合はXで実行となります。

Sdivレベルを持っているモデルには、Smart ReSym

先ほどのMirror And WeldはSDivレベルを持っていないものにたいして有効でしたが、SDivレベルがある場合には違う方法をとる必要があります。それがSmart ReSymです。これはマスクをした領域を反対側に転写する機能です。

こちらは少し手順が必要で、ミラーリングしたいモデルの半分をマスクする必要があります。矩形でのマスク作成がやりやすいかなと思います。
マスクに関しての詳細はこちらで紹介してますので、そちらも参考になさってください。

ZBrushの特殊ブラシ。マスクブラシでメッシュを保護

2017.08.12

半分をマスクすることが出来ましたので続いては機能の実行です。Smart Resymを右側のライトトレイから探して実行します。Tool→Deformation→Smart ReSym

実行するとマスクした側の形が、マスクしてないほうにミラーリングされて、無事に左右対称(シンメトリー)にすることが出来ました!

SmartReSymが上手くいかない時
たまにですがきれいな結果にならない場合がありますが、そんな時は一番下のSDivレベルから、順番にSmart ReSymを使用してみてください。少し手間が掛かりますが良い結果につながるかなと思います。

■まとめ

さて、今回は左右対称機能にフォーカスを当てました。今回の内容を知っておけば心強いかなと思います。ただ、基本的にスカルプトをする際にはActivate SymmetryがONなのかOFFなのか、状態を確認して作業に移れれば良いですね。私はカスタムUIで、Activate Symmetryのボタンを目に見えるところに置いておくようにしています。

もし興味ある方はカスタムUIの記事もご覧ください。

【ZBrush】カスタムUIの設定をしよう!

2017.06.23

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です