【ZBrush】ポリゴンに厚みをつける方法

スポンサーリンク




zbrushで厚みをつける方法の解説です。

制作をしていて、薄い板ポリに厚みをつけたいシーンなど出てくると思います。例えば、スカートや衣服などを作成する時などです。

私がよく使う厚みをつける方法は、以下の3つあります。

厚み付けの3つの方法
1、ZmodelerのQmesh
  2、パネルループ(PanelLoop)
  3、他の3DCGソフト

今回は1と2のやり方に関して記載していこうと思います。

■下準備

今回は下準備として適当な体からExtract(エクストラクト)を用いて切り出した厚みのないポリゴンを用意しました。
(厚み付けのテストなので、ぶっちゃけなんでもいいのですが少し実際の制作雰囲気を出したかっただけです。)

エクストラクトしたものでは少しポリゴン数が多く扱いづらいのでZremesher(Zリメッシャー)を使ってポリゴン数を削減しています。

こんな感じになりました。今回はこれを使っていきます。
———————————————–

■Zmodelerを用いた厚み付け

まずはZmodelerを使った方法で、私が最もよく使うやり方です。

注意
ZmodelerはSDivレベルを持ったものには使用することができません。

Zmodelerブラシを選択

この機能はブラシとして扱うものになります。
なのでブラシ選択のウィンドウからZmodelerを選択します。

このZmodelerは、ポリゴンの「頂点」「辺」「面」のそれぞれに対してアクションを起こすブラシです。
今回は厚みをつけるのでこの中の「面」に対してのアクションになります。

ZModelerのQMeshを使う

まずはメッシュを拡大して、ポリゴンがしっかりと見えるようにします。
その上でポインターを面の上に載せます。そうするとポリゴンの4つの辺が赤くなり、デフォルト状態ですと「QMesh A Poly」と表示されているかと思います。この状態が面にアクションを起こせる状態です。

次にキーボードのスペースキーを押します。Zmodelerを使用しているときはスペースキーを押すと面に対するアクションとターゲットなどを変更することができます。

今回はQMeshの機能を使います。
スペースを押したまま、最上段のPOLYGON ACTIONSが「QMesh」であることを確認します。

次にTARGETは「All Polygons」を選択します。その下の設定は特に変更しなくても大丈夫です。

選択し終わったら先ほどと同様にポリゴンの面の上にポインターを合わせてドラッグを行います。そうするとポリゴンに厚みをつけることができると思います。

ZModelerを使った厚み付けの基本的な手順は以上です。

■Panel Loops(パネルループ)を使った厚み付け

次に別の方法、Panel Loops(パネルループ)で厚みを付けます。モデルは先ほどと同様なものを使います。

Panel Loopsの場所

この機能はTool内のGeometryにあります。
[Tool]→[Geometry]→[EdgeLoop]と辿っていきましょう。

Edge Loop内にPanel Loopsのボタンを見つけることが出来ると思います。

Panel Loopsの実行

基本的には[Panel Loops]のボタンを押すだけで機能しますのでとても簡単です。あとはその周辺にあるオプションを設定を調整しながら希望の結果になるまでトライ&エラー!です。失敗したらCTRL+Zで戻りましょう。

簡単に設定を説明ですが、
Loops=厚みをつけた際にエッジループ(辺)を何本入れるかを設定します。
Double=対象の両面に厚みを付ける場合にONにします。
Thickness=厚みの幅をここで決めます。

今回はLoopsは1でDoubleをONにして、厚みはスライダーを調整してちょうどいい数字を試しながら実行してみました。

結果はこんな感じです。設定のDoubleはONの方が希望の結果になるように思います。

■まとめ 方法は色々あるけど個人的にはZModeler!

今回はZBrushでのポリゴンの厚み付けに関してでした。私は大体ZModelerを使ってしまいますが、どちらでも使いやすい方で大丈夫だと思います。ただ、Zmodelerはターゲットを指定することができるので部分的な厚み付けなど応用した使い方が出来るので覚えておくと良いように思います。

また、これ以外にも方法はあると思いますが、私は使わないので今回は記載を避けさせていただきました。
今後、そちらも使ってみて良さそうであれば追記していくかもしれません。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です