【ZBrush】ポリゴンの表示・非表示-Visibility(ビジビリティ)の操作

スポンサーリンク




ZBrushで作っているモデルのポリゴンの表示・非表示を操作する方法に関してです。この操作を行うことで複雑なモデルなどでもスカルプトを行う際に必要箇所だけを表示して作業を進めることが出来るため非常に有用です。また別で扱う予定ですが、ポリグループと合わせることでさらに効率的なものになります。

とりあえず、今回もZBrushに最初から入っているサンプルのDemoHeadをツールに読み込みます。

■Visibility(ビジビリティ)の基本的な操作

まずは基本的操作からです。ビジビリティの操作をするにはキーボードのCtrl+Shiftを使います。

選択範囲を表示する

Ctrl+Shift+左ドラッグ
緑色の枠が表示されます。

この緑色の枠で囲った箇所が表示されて他は非表示となります。(歯茎が残っているのは別のサブツールだからです。)

選択範囲を非表示にする

Ctrl+Shift+Alt+左ドラッグ

最初の操作にAltを足すと赤い色の枠が表示されます。こちらは緑とは反対の機能で枠で囲った箇所が非表示になります。

表示を切り替える(反転する)

Ctrl+Shift+左ドラッグ(但し、枠でメッシュを囲わない)

背景部分で上の操作を行い、かつ枠内にメッシュを入れないことでメッシュの表示の切り替えを行う事ができます。

非表示の解除

Ctrl+Shift+左クリック(背景内で行う)

背景内で上記の操作を行うことで部分的に非表示にしているメッシュを解除して全てのポリゴンが見える状態に戻すことが出来ます。

■選択方法の切り替え(SelectRectとSelectLasso)

次に選択方法の切り替えについてです。ZBrush起動後はCtrl+Shiftで表示される枠が矩形となっています。これはSelectRectというものにデフォルトで設定されているからです。
他の選択方法としてSelectLassoというものがあるのでそちらへの切り替え方法を覚えておくと複雑な形状を扱いやすくなると思います。

SelectLassoへ切り替える

ビジビリティの操作もブラシの一種なのでブラシと同様のボタンから選択できます。が、普通に選びにいくと表示される数が多いので今回はCtrl+Shiftを押しながらブラシの選択ボタンを押しましょう。

そうすると、表示されるブラシがCtrl+Shiftの操作に関連するものに絞られています。この状態であればSelectLassoを選ぶのは容易です。

SelectLassoの挙動を見てみる

先ほど選んだSelectLassoですが所謂、フォトショップの投げ縄ツールみたいなものでフリーハンドで線を描いてそこで括ったものに対してビジビリティの操作を行うものになっています。特殊ではありますが複雑な形状を操作するうえで欠かせないので使いこなせるようにしておくと良いです。

■マスクから行うポリゴンの表示・非表示

基本的にこれらの操作を組み合わせれば、ポリゴンの表示・非表示の操作は問題なく行えると思いますが、よりお手軽な方法としてマスクで行う方法があります。使いどころはポリゴンの内側などでLassoツールで1発で括るには扱いづらい場所などでしょうか。

サンプルのDemoHeadで目の部分だけを表示してみようと思います。

Ctrl+ドラッグのマスクペンで表示させたい部分をマスクしていきます。はみ出た部分などはCtrl+Alt+左ドラッグで削っておきましょう。
出来たら、ライトトレイのVisibilityのパネルから[HidePt]をクリックします。

するとマスクをした部分だけを残して後は非表示となりました。
これでザックリ出来たので後は、Lassoで要らない部分を削ったりしましょう。もし表示範囲を拡大・縮小したければVisibilityパネルで[Grow]と[shrink]を使います。

最終的に調整を行ってこのような感じに目の周辺だけを綺麗に表示することが出来ました。

マスクを使うと最初のザックリとした表示は結構調整が効きやすいかもですね。

■使用頻度-高-しっかり覚えると後が楽!

今回は、ZBrushのポリゴンの表示非表示をコントロールするビジビリティ(Visibility)に関してでした。作業効率を高めるにあたって大事な操作で制作中は本当に頻繁に使う機能となると思いますので覚えておくと制作が捗ると思います。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です